骨董品の賠償

貴重品の場合、あらかじめ申告しておかなければなりません。万が一、高価なものの破損が起きた場合、骨董品としての価値が認められない場合もあります。

高級な茶碗や、ガラス食器、陶器の人形などどこまでを貴重品とするかは判断が難しいですよね。すべて貴重品とすれば、保険代だけでかなりになりますし、かといってトラブルが起こったときに、全滅してしまうと、大きな損害となってしまいます。

保険での保証額を確認し、契約時に十分検討しておきましょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など. All rights reserved