引越し後に問題点を発見!

■ 荷物の数が足りないことに引越し後、気がついた
引越し荷物の段ボールの数を以外と数えるのを忘れることが多いようです。引越し後、荷物を開けて収納しているうちに、「どうも段ボールがひとつ足りない」ということもあります。

至急、引越業者に連絡をしましょう。このようなトラブル起こさないためには、搬入量と搬出量の確認を怠らないようにすることです。


■ 家具や部屋に傷がついている
できるだけ早く、引越業者に連絡をしましょう。明らかに引越の時についた傷でなければ、後から申し出ても、証拠が難しいこともあります。ちゃんとして引越業者であれば、家具搬入の前に、傷の箇所をチェックします。


■ 洗濯機の蓋がグラグラする
洗濯機の蓋や、冷蔵庫の設置など、特殊な電気工事を必要としない家電製品の搬入については、引越し後、使い始めてから不具合が見つかることが多いものです。

明らかに引越し作業によって生じたと判断される場合、早めに引越し業者に連絡しましょう。調整で済むものか、賠償することになるのか、早めに決めなければなりません。


■ 布団が廃棄されてしまった
引越先でその日のうちに使うものなので、なくなっていたらとても困ってしまいますよね。日用品は、ものの価値的には大したものではないにせよ、とても大事なものです。

とくに布団の場合、事前に梱包をきちんと済ませておかないと、梱包資材としての布類と混ざりやすく、紛失のトラブルが起きやすいものです。

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved