引越しの挨拶状

引越の挨拶状は、引越がすんでから出します。だいたい1ヶ月ぐらい経って、落ち着いたころで良いでしょう。

はがきに記入する内容は、
・転居したこと
・新住所
・新電話番号
・挨拶
・転居の理由(転勤、新築など) です。

新築祝いや餞別のお礼状とは兼ねません。お礼状ははがきではなく、封書にしてできるだけ早く済ませておきましょう。

挨拶はがきの準備は、頃合いを見て進めておきましょう。写真屋、印刷店、文房具など、挨拶状を取り扱っているところがたくさんありますが、もちろん手作りでもかまいません。

枚数が多いときは、全部手書きも大変ですから、パソコンで印刷してもいいでしょう。インターネットにも無料のイラストやフォーマットがたくさんありますので、ダウンロードしてみては?

親しい方には、お世話になったお礼や、新居への案内など一言書き添えると気持ちが伝わります。暑中見舞いやクリスマスカードなど季節のご挨拶、年賀状などを挨拶に変えてもかまいません。

<冒頭文>
引越のお知らせ
転居のお知らせ
引越ししました  
…など

<参考文例>
謹啓 ○○の候 皆様には益々御健勝にて御過しの事とお慶び申し上げます。さて この度私ども左記の住所に転居致しましたのでお知らせ致します。お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄り下さいますようお待ち致しております。まずは転居の御挨拶まで 今後ともよろしくお願い申し上げます  敬具

拝啓 ○○の候、皆様にはますますご清栄のこととおよろこび申し上げます。さて、このたび、私宅左記のところへ転居いたしましたのでお知らせいたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。お近くへお越しの節は、ぜひお立ち寄りくださるようお待ち申し上げます。 敬具

○○の候 皆様にはお変わりなくお過ごしでございましょうか。この度下記住所へ転居いたしましたのでお知らせいたします。お近くにお出向きの節には是非お立ち寄り下さいますようお待ち申し上げます。

なお転居に伴い電話番号も変わりましたのでお知らせいたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。まずはご挨拶かたがたお知らせまで。

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved