引越し先での挨拶

■ 挨拶廻りの範囲
「向こう3件、両となり」と昔からいいます。引越しに限らず、何かにつけてご挨拶は、自分の家に対して、向かい側3件と両隣のお宅にうかがうのが基本です。

<一軒家の場合>
敷地が接している裏側のお宅にも挨拶しておいた方が良いでしょう。顔を合わせるのは、道路を挟んで向かい側のお宅の人の方が機会が多いですが、実際に音などが響いて迷惑をかけることが多いのは、敷地続きのお宅の方です。

1戸建てなどで、地域のコミュニティーに参加する場合は、自治会長と同じ組に属するお宅には出向いておいた方が、さまざまな情報を入手できることもあり、スムーズに地域に入れるでしょう。

<マンション、アパートの場合>
両隣と部屋が接している上下階のお宅にうかがうのが基本です。同じフロアーの共用通路に接しているお宅にも挨拶しておいた方が良いでしょう。管理人が在駐している場合には、管理人にも挨拶します。


■ 挨拶廻りの時期
引越先での挨拶は、引越しの前日か当日に行うのが一般的です。よほど荷物の少ない身軽な引越しでない限り、少なくともトラックの駐車、運搬時の騒音などで、多少の迷惑をかけているものです。

遠方の場合、前日の挨拶は無理ですが、下見などの機会を利用して一言声をかけておき、引越し後、挨拶の品を持って改めてお伺いしましょう。いずれにせよ、近隣の方はよく見ているものですし、出来る限り早い段階で挨拶をしておいた方が、気分的に楽になります。


■ 挨拶の品
挨拶廻りの時には、適当な品物を持参するのが一般的です。500円〜1000円くらいのもので十分。タオルや洗剤、キッチン消耗品など家庭雑貨が無難なようです。

遠方に引っ越す際は、元の居住地の名産品、お菓子などでもいいですね。豪華すぎるものは避け、名字を書いたのし紙を付けます。デパートや贈答品ショップでも相談に乗ってもらえるので、早めに準備しておきましょう。数が足りなくならないよう、若干の余裕を見ておきましょう。

消耗品なら余ってしまっても使えますしね。


■ 確認しておくこと
引越しして一番にしなければならないことのひとつに「ゴミ出し作業」があります。ゴミの出し方は、地域によって細かなルールがあります。

また自治会から回収費用を出していることもあり、勝手に出すことはできません。早い段階で、近所の人や自治会の役員に挨拶を済ませ、ゴミの収集日・収集場所・分別法・その他のルールのことに付いてなど、訪ねておきましょう。

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved