暦注

暦注とは、カレンダーなどに記入してある注釈行のことです。昔から続く「迷信」のようなもので、ある一定のサイクルに従い、物事の吉凶が決められています。

ほとんどが中国の陰陽五行思想 と干支(えと)によるもので、いわゆる占いや思想の類なのですが、西洋占星術や近代的な占いよりも伝統的に生活に密着してきており、現代でも信じる人が多いものです。

今でも、「六曜」は多くのカレンダーに記載されており、引越しにおいてもなんとなく「吉日」を選ぶ人が多いようです。

そういうことから、引越会社の方でも、暦注で吉の日には予約が入りやすく、逆に凶の日には値段を下げることもあります。

お日柄のカレンダーをつけてはっきりと掲示している業者もありますし、掲示していなくても、一般的な慣例になっていますので、あまり日柄にこだわりがなく、安く済ませたいと思っている人は訪ねてみては如何でしょうか。

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved