家電リサイクル

平成13年から資源を有効利用するために、家電リサイクル法が始まりました。消費者は、買い替えの際に新しい製品を購入する小売店に引き取ってもらいます。

小売店はメーカーへ引きわたし、メーカーが、鉄、銅、アルミ、ガラスに分解してリサイクルします。当然、手間がかかるので、消費者はリサイクル費用を負担しなければなりません。

現在、大型家電4品目について、自治体での回収はしていないため、販売店やリサイクルの専門会社に依頼して回収してもらわなければなりません。ただし、対象外となっている形式もあり、その場合通常の粗大ゴミで行政に依頼できます。

リサイクル4品目の対象は、エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫ですが、それぞれに対象の形式と、対象外のものがあるので記載しておきます。自治体によって内容が変わる場合があるので、対象になってるかどうかはっきりしないときは、清掃センターに問い合わせてみましょう。

■ エアコン
<対象>
壁掛式セパレートタイプ
床置形セパレートタイプ
ウインドタイプ

<対象外>
欄間など家屋の一部を送風口とするなど、建物と一体となっているもの
天井設置型となっているもの
令風機等、熱交換による冷房機能がないもの
ビル空調システム

■ テレビ
<対象>
ブラウン管式ビデオ一体型テレビ
携帯用小型ブラウン管テレビ
ブラウン管使用のハイビジョン対応テレビ
ブラウン式AVモニター

<対象外>
プロジェクター方式のテレビ
液晶テレビ
プラズマテレビ
画面を伴わない受像機(デコーダー)

■ 洗濯機
<対象>
洗濯乾燥機
全自動洗濯機
2槽式洗濯機

<対象外>
コインランドリー用洗濯機
連結器具により連結されている乾燥機
ドライクリーニング用機器

■ 冷蔵庫
<対象>
冷凍冷蔵庫
冷蔵庫
冷凍庫
ワイン庫(貯蔵用などで個人使用向けに製造・販売されているもの)

<対象外>
陳列用ショーケース(冷蔵されているものが外から確認できるもの)
店舗用冷凍ストッカー

■ リサイクル料金(消費税込み)
業者や引き取りメーカーによって差がある場合があります。

エアコン 3,675円
テレビ  2,835円
冷蔵庫  4,830円
洗濯機  2,520円

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved