引越しの見積もり合わせ

見積もり合わせをして、プランや価格のおりあうところを探すのが通常のやり方なので、最初から一社に限定することはありません。また業者の方も、見積もり合わせされることを前提としているので、強引な営業などを行わないことが普通です。

もしも、見積もり依頼した後の営業が心配だったらあらかじめ「見積もり合わせですが」と断っておけばよいでしょう。

少なくとも3社程度から同じ条件で見積もりを取っておきましょう。比較すると、その業者の長所短所がはっきりしてきます。値段だけでは決定できないサービスの善し悪しもあります。

また、引越業者の評判を査定しているサイトがたくさんあります。けれども正直言って、その会社の「傾向」であるため、そのままを信じるわけにはいきません。

どんなに評判の良い業者の中にも、感じの悪い(というか、相性の悪い)営業マンはいるものですし、すごく対応の良い営業マンに出会えたとしても、実際に作業するのはアルバイトの作業員だったりします。

比較的、教育の行き届いた作業、という点では、知名度のある大手業者の場合信頼できるでしょう。

インターネットで数社一度にも見積もりをすることができますが、見積もり後にはたいてい、営業担当からの連絡があります。(繁忙期やかなり地方の場合、あまり熱心な営業がつかないこともあるようですが)

細かい事情を説明することで、一般的な見積もり額よりお得なプランをPRしてもらえることもあるようです。

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved