引越し保険を知っていますか?

荷物の搬送中、万が一破損したり紛失したりというトラブルに備えて、必ず保険をかけておきましょう。引越業者は、それぞれに損害保険会社と代理店契約を結んでいることが多く、保険会社と直接契約しなくてもスムーズに手続きが行えます。

もし、引越業者を使わない引越しで、大切な荷物を移動させる場合、保険会社に問い合わせてみれば、引越内容に合わせた保険をかけることができます。

保険には、業者が荷物に対してかけるもの(運送業者貨物賠償責任保険)と、荷物の持ち主がかけるもの(引越荷物運送保険)があります。


■運送業者貨物賠償責任保険

引越業者が、輸送を受けた荷物を運ぶ途中や保管中に、荷物に損害を与えた場合(損傷や紛失など)、賠償責任を負うために加入しておく保険です。

通常の引越しでは、上限1000万円程度の保険に加入しており、荷物の持ち主は、保険金を支払う必要がありません。引越業者が、適切な保険に加入しているかどうかを確認しておく必要があります。

ただし、補償の範囲が限られているため、万が一のトラブルのときに、範囲外の補填を要求する場合は、別途、個人的にかける必要があります。

<一般的な保険の補償範囲>
補償される状況
・輸送中
・車上の仮置き中
・積み込み、荷卸し中
・梱包、開梱作業中
・寒中

補償される事故
・落下などによる破損
・輸送車両の事故による衝突
・盗難
・水漏れ
・火災爆発


<保険の対象とならないもの>
・現金、商品券、株券、その他有価証券類
・金、銀など

<賠償金に上限があるもの>
…どうしても運送を業者に依頼する場合は、別途特別保険をかけた方が

良い荷物です。
・宝石、宝飾品、貴金属製品
・美術品、骨董品
・電化製品の故障
・業者以外の梱包したものの破損
・生体(動物、植物など)
・生鮮食料品
・自転車
・バイク、農耕作業車など


■引越荷物運送保険

通常、引越会社はお客様の荷物に対して何らかのトラブルが起きてしまったとき、スムーズに賠償金を出せるように1000万円程度の保険に加入しています。

しかし、保険には上限があります。依頼する業者の保険では対象外の場合、思ってるだけの十分な補填がされない場合もあります。

そこで、特別に大事な荷物などの場合、別途、保険をかける必要があります。損害保険会社によって、様々なプランがありますし、大手の引越業者では、代理店業務を行っているため、状況にあったプランを提案してもらいましょう。

<運送業者貨物賠償責任保険では補填できない場合>

・高額品など、申告をしていない気持ちが破損した場合
・業者以外の梱包作業により破損した場合
・業者に過失がない事故の場合(追突など)
・業者に過失がない火災が発生した場合
・天災(地震、洪水、暴風雨など)により荷物が破損した場合

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved