引越し料金の内訳

見積もり合わせをするとよくわかるのですが、同じ内容を申告しても、数万円も差が出ることがあります。いろいろな理由がありますが、やはりテレビコマーシャルを多くしているところは、多少割高な傾向があるようです。

しかし、保険の内容が充実しているとか、作業スタッフが多いなど、サービスの充実のための費用のこともありますし、一概に「高いから!」と判断することもありませんよ。食べるものも、衣類でも、高いものにはそれだけの理由があるのですから。

引越し業者では、次のようなポイントがコストに関係してきます。だからといって、人員を削減して欲しいとか、小さいトラックに代えて欲しいとか、無理が通らないこともあるので、見積もり合わせが必要になってくる訳ですね。

Aの業者は2トントラックで4人で作業、1日かかる。
Bの業者は4トントラックで6人で作業、半日で済むが、Aの業者より少し高い。などと比べられるのです。

<コストにかかわるポイント>
・作業予定日
・作業スタッフの人数
・車両の種別(トラックの大きさ)
・運送区間(移動距離)
・搬入量
・部屋の間取り
・建物構造(階数、エレベーターの有無)
・トラックから部屋までの搬入経路(養生の分量)
・エレベーターからの移動距離
・開始時間(作業時間の確保)
・その他特殊事情

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved