印鑑登録

印鑑登録は、居住地の市町村役場で行うため、住民票が異動する時点で廃止になります。ほとんどの市町村では、廃止の手続きはなく、転出届とともに自動的に廃止になります。

手続き不要ですが、印鑑登録証明書は無効となるため、返却しておけば確実でしょう。引越し先で、転入届を出した際に、新規で印鑑登録できるため、転入届の際に実印を持参することをおすすめします。特に印鑑登録には時間がかからないため、必要になったときに登録してもかまわないでしょう。


■ 日本郵便への転居届
郵便局にいけば、転居届のハガキがおいてあるので新住所を記入し投函しておきましょう。引越し間際の郵便物が届かないと困るため、転居日を確実しておくこと。1年間、旧住所宛の郵便を新住所に転送してもらえる。

ただし、転送のため余分な時間がかかる可能性があります。また必ず届けられるクレジットカードの請求書など、大事なものは必ず住所変更をしておきましょう。

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved