転居届

同じ市町村の中で住所が変わることを転居といいます。現在住んでいる市町村の中で引越する場合、転居届が必要になります。

他の市町村へ引越す場合、転出届と転入届を別々に行わなければなりませんが、転居の場合は一度で済みます。同じマンションの中の部屋が移っただけでも、地番の変更になるので、転居届が必要です。印鑑登録は、住所変更の手続きをすればそのまま利用できます。


■ 届出期限
転入届と同じ手続きになります。新住居に住み始めてから、14日以内に市町村役場に届けなければなりません。転出届は必要がなく、前もって出すこともできません。


■ 届出者
基本的には、転入する本人、世帯主が提出しなければなりません。代理人が申請することもできますが、委任状と届出者の本人確認書類(免許証、保険証など)が必要です。市町村によって、必要書類と委任状の記載内容が異なる場合があるので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。


■ 住民票
住民票とは、各市町村で作成されている住民に関する記録のことです。国民の家族や身分関係を公文書によって明確にしている「戸籍」の概念とは利用方法が違います。

住民票は各市町村ごとに、住民基本台帳にまとめられていて、現住所や家族構成の証明などに使われます。

また、住民登録しておくことによって、各市町村が取りまとめている保険年金、公立学校、公共サービスの利用や、選挙権が得られます。事情があって、遠方の違う市町村で二重生活をしていたとしても、どちらかにしか住民登録ができません。

市町村によって、公共サービスの方法やレベルが違うので、住むなら少しでもサービスの良いところを選ぶというのも、居住地選定のポイントとなってくるでしょう。特に乳幼児医療や学校教育のレベル差は、市町村によってかなりあるとも言われています。

 
Copyright ©  引越しの手続き初心者マニュアル 見積もり 挨拶 準備など· All Rights Reserved